ワキの汗,制汗

無色の普通の脇汗とは

ごく一般的な脇汗の汗腺は、エクリン汗腺です。

エクリン汗腺は、水分99%、あとの1%が、尿素や塩分、アンモニア、ミネラル等。

無色透明の、いわば水に近いような汗。

粘り気が無く、さらっとしています。



嫌な匂いに繋がるのではないかと思われる脇汗は、実は体にとても必要な物です。

肌の乾燥防止や体温調整など、実は無くてはならない重要な役割を担っています。



このような脇汗は、中身の殆どが水なので、多少の嫌な匂いは発生しますが、匂い防止をする事が可能です。

自分の体を清潔に保とう!

ごく一般的な汗、エクリン汗腺からの汗でしたら、清潔に保つ事により匂いを発生させづらくする事が出来ます。



まずは、自分の体を清潔に保つ事を考えましょう。

毎晩お風呂に入り、きちんと湯船に浸かって、そして体を綺麗に洗いましょう。

汗のニオイが気になる人は、シャワーだけじゃなく湯船に浸かる事が、とても大事と言えます。



湯船に浸かると体全体が温まり、体内にある油分を含む汗も洗い流しやすくする事が出来ます。

ワキだけじゃなく、体の隅々を綺麗に洗い流す事が出来るので、体全体がスッキリと綺麗になります。

シャワーが日課になっている人は、湯船に浸かって体を温めてから洗うと、清潔度がさらに増します。



それでも気になる場合は、朝お風呂に入るようにし、しっかり湯船に浸かって綺麗にしましょう。

通気性の良い服装をしましょう

汗は蒸れるとかく量が多くなるので、肌を蒸れさせないようにすると緩和されます。

ワキの汗が気になる場合は、ワキの通気性のある服装をすると、ワキ汗の量が少なくなります。



汗の匂いが気になる人は、通気性の良い服装には躊躇してしまうかもしれません。

通気性が良いと、より一層匂いを発散させてしまうかもしれないと思うからです。

しかし、それは逆で、通気性をより良くする事で、汗をかきにくい肌にする事が出来ます。

汗のかきやすい温度の時は、なおさら通気性の良い服装をしてみましょう。

制汗剤を活用しましょう

無色の汗の人には、制汗剤がとても役に立ちます。

出掛ける前や、出掛けている最中、夕方など、1日に数回制汗剤を使って、匂いを防止しましょう。



汗の匂いが気になる場合は、香りつきの制汗剤は避けましょう。

香りと汗の匂いがプラスされ、更なる嫌な匂いにしてしまう可能性があります。

出来れば、無香性の物を使用しましょう。

銀イオン配合の制汗剤は、更に効果が高いと言われています。